セレクト セール 2020 結果。 「セレクトセール2020」結果詳報!前田幸治代表のロングインタビューは後編

トップは6億3000万円 セレクトセール落札額ベスト5|【SPAIA】スパイア

馬体的にも特有の薄さがなく、それなりに力強さは出せそうです。 現役時代はディープインパクトの連勝を止めた馬で、ともすれば「悪役」のイメージがついてもおかしくないところ。 自分の為にも 笑 忘れないように記事にしました。

5
ディープインパクト産駒がいない当歳セールは上位3頭がハーツクライ産駒。

トップは6億3000万円 セレクトセール落札額ベスト5|【SPAIA】スパイア

晩成タイプと見られているモーリスの産駒だけに、真価を問われるのはまだ先のこととなりそうだ。 できれば取引額以上の活躍を期待したいと思います。

10
平均価格は7550万円。 毎年仕事しながら見てますけど、今年は自宅で朝からグリーンチャンネルを流しっぱなしでチェックしてました(笑 流して聞いてると、オークショニアの良し悪しというのがすごく気になってきますね。

トップは6億3000万円 セレクトセール落札額ベスト5|【SPAIA】スパイア

これだけの血統なのだから、繁殖入りして一大勢力を築く可能性がなきにしもあらず。 キンカメ産駒はラップということで結構注目してたんですけど、ノーザンが4頭しかいなくて、良い馬はクラブや庭先に回すのかなといった印象です。 キャロットも何か落としてくれよ~って感じですね(笑 一口馬主の視点としては、購買者による種牡馬の産駒に対する評価がわかるのもセレクトセールかなと思います。

価格や売却率も気になるが、今年はディープインパクト産駒が上場される最後の年。 ポストディープ・キンカメ、として当歳部門で高い平均価格となった種牡馬は下表の通り(落札頭数10頭以上の種牡馬でピックアップ。

2020セレクトセール1歳 各一口馬主クラブで募集されそうな馬まとめ

この結果を一口馬主の視点に置き換えてみると、各種牡馬の産駒の募集価格が適正かどうかというところを考える1つの要因にはなりますかね。 そのほかディープの牡馬については例のごとく全部良い馬なので、ちょっと優劣付けるのは難しいですね。 2020年度セレクトセールの結果も含めて、落札額歴代ベスト5を調べてみた(価格は税込み)。

4
華奢だと言う人がいるかもしれませんが、は割と薄くてもダートに出たりするので、これくらいのほうがいいでしょう。

【セレクトセール2020】ドゥラメンテ産駒の評価は高い!?|種牡馬ドゥラメンテのまとめ

去年は2頭がセレクト購入馬から追加されました。

産駒って結局奥手そうなところがネックだと思うのですが、その点馬体の完成度が高いというのはです。 まず今年の注目はやはり ディープインパクト産駒。

「セレクトセール2020」結果詳報!前田幸治代表のロングインタビューは後編

アメリカで走った重賞馬の姉2頭はともにダートが主戦場。 当サイトでは私のようなお小遣いが少ないサラリーマンでも毎月5万円は確実に増やせる競馬術を教える塾として勉強してもらえれば幸いです。 種付け頭数は少ないながらも、JRAや地方競馬で複数の勝ち馬を送り出している。

4
既報の通り、新型肺炎の影響は深刻なものには至らず、特に1歳部門は軽微な落ち込みにおさまった。