司法 取引 日本。 司法取引で会社が社員を「売る」時代に:日経ビジネス電子版

司法取引制度の概要

「司法取引を使えば、犯罪をしても罪が軽くなるから、犯罪を実行しよう」と思う人が増えて、 犯罪が増加してしまう危険性が懸念されます。 ところが、その初適用事例が、「外国公務員贈賄」という犯罪に関して、事業上の利益を得る「会社」が免責されるのと引き換えに、犯罪行為に関わった「社員」の刑事責任を追及する方向での「取引合意」だった。 同CFOの弁護団はここ数週間で、訴追延期合意(DPA)の可能性について米司法省関係者と話したという。

5
小物に餌を与えて、大物を釣ろうというのです。

米司法省、ファーウェイCFOと司法取引の交渉

協力行為と減免行為とのバランスが問題になります。 アメリカでは(司法取引を意味する言葉としてbargainingが使用されていますが) 自らの犯罪を供述して刑の減免を受ける有罪答弁型のことを意味しています。 合意が成立しなかった場合には、検察官は、被疑者または被告人の供述等を証拠とすることはできません(刑事訴訟法350条の5第2項)。

大規模な経済的事件への適用「成功例」の賞賛は,今後適用される可能性のある別種の事件への無批判な適用を許しかねない。 このような場合には、「内部通報制度」を利用することで、「違法な行為への荷担圧力」を拒否・回避することが可能です。

弁護人から見た司法取引のポイントと課題

外国公務員贈賄の処罰をめぐる特殊な問題 もう一つの「違和感」は、法人に対する処罰を免れさせる見返りに、行為者たる社員の側の刑事責任を追及することに協力する「取引合意」が、「東南アジアの国での外国公務員贈賄」という「特殊な事情から発生することが多い犯罪」について行われたことだ。 現在、日本版司法取引の適用が認められているのは、次の犯罪についてです。 まさに、タイという東南アジアの国で、そのような事業を行うのであれば、意思決定を行う際に、当然、現地公務員による賄賂要求のリスクを認識した上で決定する必要があったのであり、事件は、そのような当然のリスクが顕在化したものに過ぎない。

20
217• ですがすでに導入済みの米国などの仕組みと異なり、「日本版司法取引」と呼ばれています。

日本版司法取引「第1号」の被告に有罪、制度利用どう深める:日経ビジネス電子版

日本でも、平成30年6月から司法取引の制度が創設されました。 外国公務員贈賄問題の専門家である北島純氏のによると、この事件は、日立製作所の南アフリカ法人が、南アフリカの与党「アフリカ民族会議」(ANC)のフロント企業と合弁で現地子会社を設立し、その後、日立製作所は二つの発電所建設を政府系企業から受注することに成功、フロント企業に「配当」として500万ドル、「成功報酬」として100万ドルを支払った。

7
会社法違反(特別背任など) 4.司法取引のメリット・デメリットと問題点 1 メリット• 利益誘導のおそれ 捜査機関側は,重要な情報を獲得するために,被疑者または被告人に対して利益誘導するおそれがあり,被疑者または被告人は,刑の減免のために,利益誘導に乗り黙秘権を侵害されてしまう可能性があります。 事故防止のための安全コンプライアンスが十分に行われていたことを、法人側が立証した場合には免責されるとすることで、刑事公判で、企業の安全コンプライアンスへの取組みが裁かれることになるのである。

米司法省、ファーウェイCFOと司法取引の交渉

捜査・公判協力型 とよばれる、2つのパターンがあります。 捜査機関は、必要な情報を手に入れ多大な利益を獲得できるかもしれませんが、情報を提供した人が必ずしも利益になるとは限らず、将来的に仕返しをされる恐怖だけが残ってしまう場合もあるかもしれません。 司法取引が成立した場合 最終的に協議が成立した場合、 検察官、被疑者・被告人及び弁護人が連署した合意書面を作成することとされています(改正法350条の3第2項)。

自分が被疑者・被告人となり、司法取引を持ちかけられた(持ちかけようと考える)ときには、自分の弁護人と、よく相談・協議をして、合意事件(自分の事件)について正しい見通しを立てた上で慎重に判断することが何よりも大切です。 東京地検特捜部は、同社の元幹部3人を不正競争防止法違反(外国公務員に対する贈賄)で在宅起訴しましたが、同社については、捜査協力した見返りとして「不起訴」としたものです。

司法取引制度の概要

特定の訴因及び罰条により公訴を提起し,またはこれを維持すること 軽い罪で起訴すること• その別種の事件が,市民として身近に感じられない大企業の事件などではなく,民主的な組織にまで対象を拡げることも十分ありうる。

9
なぜなら、司法取引に応じれは、刑の軽重はあるにしろ、必ず有罪になるのに対し、裁判官が真実を見極めてくれれば自分に無実が証明されるからです。