南 武 線 運用。 東武20400系、日光線での運用拡大へ

近鉄運用表

車内の広告スペースも昔の南武線の写真などを掲出していました。 整備員らしき職員も乗車していました。

9
ナハ12編成と同様にパンタグラフのホーン部が赤い蛍光色に着色されています。

東急運用検索 東横線・みなとみらい線 2020年3月14日改正 土休日ダイヤ

この編成の屋根上は2009年11月の検査時に再塗装されているので今回は再塗装されていません。 但隨著開業後沿線人口不斷增加,路線的利用人數增加,導致自動票閘故障事件頻發,還有些乘客從未導入自動票閘的鐵道公司路線轉乘,誤將非磁氣車票投入票閘,導致票閘無法運作。

10
サハ200(1939年木南車両製。

【東武】東上線→本線転用⁉︎ 50000系51008Fが南栗橋へ転属か

従来とは異なり往路(立川~伊豆急下田)のみの運転となり、運転日も金曜日となっています。 南武線・鶴見線関係では検査入場中のナハT12編成のクハ205-1102が展示されていました。 浜川崎支線 [ ] 商業地や住宅街の中にある尻手駅を出ると、すぐに国道1号(第二京浜)を越え、本線と分かれて単線で高架上をしばらく直進し、間もなく京浜東北線・東海道線を直角に越える。

20
這是因為當時的國鐵當局判斷,作為東京近郊的新線,居民比較少,即使機器故障也能將影響縮至最小,因此適合實驗性導入機器。

【東武】東上線専用9000系列が本線へ!9000系9050型9152Fが南栗橋車両管区へ

武蔵小杉停留場・宿河原不動停留場・南武是政停留場・本宿停留場・西府停留場・東立川停留場が廃止。

14
経路は武蔵中原~立川~鶴見~立川~鶴見~立川~武蔵中原です。 なお、今までの編成とは異なりパンタグラフのホーン部が赤い蛍光色に着色されています。

武藏野線

土日朝の武蔵中原着は7時台のままです。

の移転先を沿線の府中に誘致し()、稲田堤の桜や久地の梅園などへの花見客を誘致するなど、利用者増加のための努力が行われ、特に競馬開催時に電気機関車牽引の客車列車を運転するほどの利用客があった。 南武線関連では、 ・快速の列車番号が4000番台になりました。

武藏野線

車輪転削はされていないようなので疎開のためと思われます。 川崎~立川は南武線経由です。

9
野岩鉄道車61102Fが東武日光、6176Fが新藤原、会津鉄道車の61201Fが会津田島行となります。

近鉄運用表

() 8. また、「鶴見線こどもフェスタ号」と称して鶴見線全線を走行する団体臨時列車も運転されました。 4月7日の627Fより運用を開始しました。 けいはんな線は下記にあります。

1
7km が廃止。