M1 チップ ベンチマーク。 M1チップ版MacBook Air発表、新旧スペック比較

M1チップ搭載Mac、ある裏技を使えばWindowsが高速動作? 海外の非公式実験で明らかに【やじうまWatch】

Appleの用意したスペック比較表にない違いとしては「ファンレス化」が大きな変化だろう。 1を使ってベンチマークを計測、次のようなスコアとなった。

4
Intel版MacBook Airとのスペックを比較する前に「M1チップ」について触れると、新しいMacシリーズ3機種いずれも主要スペックが次のようになっている。

Apple M1チップ

テスト実施時に市販されていた最新世代の高性能ノートブックコンピュータと比較しました。

すべてを一段とシンプルにするこの新しいレベルの統合こそ、効率が上がり、驚異的な性能を発揮できる理由です。

AppleシリコンM1チップ、GeForce GTX 1050 Tiを上回るグラフィック性能か

次にグラフィック性能の指標となるOpenCLスコアも見ていきましょう。 テスト実施時に市販されていた最新世代の高性能ノートブックコンピュータと比較しました。 Tiger LakeはシングルスレッドでM1に負けない性能を持っているので、高効率コアが追加されれば、その分だけマルチスレッド時の処理能力が上がり、M1を抜ける可能性はある。

18
Apple TVアプリのムービー再生テストでは、ディスプレイの明るさを最低輝度から8回クリックした状態で、HD 1080pコンテンツを再生し、バッテリー駆動時間を測定しました。

M1チップ版MacBook Air発表、新旧スペック比較

これが現時点でのライバルのCPU性能に対するM1の評価だ。 Tiger LakeがCPUでは第3位でCPU+GPUなら第2位、Ryzen MobileはCPUだけなら第2位でCPU+GPUなら第3位であり、これが現時点での正当な評価ということになる。

12
Mac の ため にAppleが設計した 初め て の チップ です。

M1チップ搭載Macbook Airのベンチマークがすっごい(16インチMacbook Proの性能超えちゃった)

そのため、USB-C to USB-Cケーブルで有線接続して2時間で終わらせた方が確実で早いのでお勧めする。

7
今回のM1はAシリーズをベースにして、パソコン向けにスケールアップしたものだ。

Apple M1チップ

パーソナルコンピュータ用チップでは 初め ての 試み です。

9
iPhoneの商標は、のライセンスにもとづき使用されています。

M1チップ搭載Macたちの実機ベンチマーク、とりました。めっちゃ強いです。

こっちも勝利確定ですな。 それぞれにAmp Designerプラグインインスタンスを適用した複数のトラックで構成したプロジェクトを使用し、リリース前のLogic Pro 10. 良い機会だったので手持ちのMacBook Pro(2. M1チップは省電力も強みで、駆動時間は最大18時間まで延長されている。 つまり、MacBook Airの下位モデルのGPUは、1つのコアが無効にされているということで、半導体の歩留まりを上げるためと思われる。

このほか、ISP Image Signal Processor 、セキュアプロセッサ、NVMeやThunderboltに対応するためのPCI Expressコントローラ、USB4に対応したThunderbolt 3コントローラなどが搭載されている。

M1搭載Macでの仮想Arm版Windowsベンチマーク、第2世代Surface Pro Xを上回る結果に

マルチスコアが 7433となっており、なんと、Intelチップを搭載する"16インチ Macbook Pro"のスコアを超えちゃっているのです。 6GHzクアッドコアIntel Core i3搭載Mac mini量産モデルを使用し、2020年10月にAppleが実施したテスト結果によります。

17
前者はCPUのマルチスレッドとシングルスレッドをテストするもので、後者はGPUをテストするためのものだ。 M1チップ搭載Macは、Mac上でWindowsを動作させるユーティリティ「Boot Camp」に対応しないため、従来と同じ方法では動作しないことが知られているが、今回成功したのは、OEM向けにのみ提供されているARM版のWindows 10を用いる方法。