円 相場 推移 今日。 FXブログをチェック|FXブロガーの週刊相場予想|外為オンライン

USドル/円の為替レートの推移

お取引した通貨にて、相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。 06円で引けました。

19
1960ドル台まで上昇、オージーもドルに対し堅調で週末27日には0. 1 pips 7 円 -22 円 1,000 通貨 最大30,000 円 0. ワクチン開発が進むのは当然ながら良いことですが、株価にとっては困ったことになるかも知れません。

羊飼いの「今日の為替はこれで動く!」

日経平均は週初は月末売りに押されて大幅安となったが、12月に入って1日は大幅高となり、前日の下げを取り戻した。

9
ZERO さん FXデイトレーダーZEROのデイトレブログ デイトレードを中心にサポート、レジスタンスラインをブレイクした際の順張りを基本にシンプルなトレードを続けています。

外国為替(為替レート、為替相場)

先週のドル円は23日は103円台後半から104円台中盤まで上昇し24日は104. 当社は法令上要求される区分管理方法の信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するものではありません。

20
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。 10日にはECB理事会が開催されるが、ここで追加の金融緩和が出てくるか、またマーケットがポジティブな反応を見せるかが注目される。

USドル/円の為替レートの推移

以前ほど注目度は高くなくなっていますが、指標発表がされる22時30分前後の値動きには注意しておきましょう。 一方、軟調な動きとなると1. 今週は1日(火)米11月ISM製造業景況指数から4日(金)米11月雇用統計まで、米重要指標が発表されます。

12
鉄鋼株が強く、日本製鉄とJFEHDがともに4%を超える上昇。 (法人のお客様は、証拠金の額がリスクに応じて算定される方式であり、取引所が算定する証拠金基準額及び取引対象である為替の価格に応じて変動しますので、証拠金額のくりっく365取引金額に対する比率は、常に一定ではありません。

ドル⁄円

ユーロドルは以前口先介入があった1. ただ、値幅的には、ボラティリティ(値幅)が少なかったです。 今週も軟調な動きとなると103円台中盤、まだ下へ行くと103. ダメおやじです。

17
というのもユーロは依然としてマイナス金利の通貨であり、ファンディング通貨として売り指向であることがあげられます。 また、今週も気になるのは、新型コロナウイルス感染動向です。

円相場

前場では序盤に切り返したものの、戻したところで売り直された。

8
また金やビットコインも週末に大きく下げる動きも出ており、年末休暇も踏まえてのポジション調整という印象でした。

マーケットの話題:日本株

そこから再び下げ幅を3桁に広げたが、前引けにかけては若干持ち直す動きも見られた。 11月30日 月曜日 中国11月製造業PMI、英10月消費者信用残高、ラガルド総裁発言、独11月消費者物価指数、米11月シカゴ購買部協会景気指数、米10月住宅販売保留指数 12月1日 火曜日 中国11月Caixin製造業PMI、仏11月製造業PMI、独11月雇用統計、ユーロ圏11月製造業PMI、ユーロ圏11月消費者物価指数、米11月製造業PMI、米11月ISM製造業景況指数、米10月建設支出、米パウエル議長発言、ラガルド総裁発言 12月2日 水曜日 ユーロ圏10月卸売物価指数、ユーロ圏10月 失業率、米MBA住宅ローン申請指数、米11月 ADP雇用統計、米パウエル議長発言、米ベージュブック 12月3日 木曜日 中国11月Caixinサービス業PMI 仏11月サービス業PMI、独11月サービス業PMI、ユーロ圏11月サービス業PMI、英11月サービス業PMI、ユーロ圏10月小売売上高、米11月チャレンジャー人員削減数、米週次新規失業保険申請件数、米11月サービス業PMI、米11月総合PMI、米11月ISM非製造業景況指数 12月4日 金曜日 独10月製造業新規受注、仏10月財政収支、英11月建設業PMI、米10月貿易収支、米11月雇用統計、米10月製造業新規受注 為替研究所 HOT CURRENCY 市場全体(重要イベントが大量にある週) 先週も3週連続で「月曜日にワクチン報道でリスクオン」の流れ(?)が継続し、また、先週には次期財務長官にイエレンさん(あの前FRB議長のイエレンさん!)が指名されるという報道もあり、ダウは3万ドルを突破、為替は円安基調、仮想通貨も大きく買われて、一方で金も売られるという、リスクオンの流れとなりました。

5
期待相場から不安相場へ移行し、株価は反落の可能性があるかも知れません。 日銀は29日、2009年7~12月の金融政策決定会合の議事録を公表した。