イク チオ サウルス。 イクティオヴェナトル

イクチオホヌス症

特徴を総合すると、「 陸上より水中での活動に重きを置いた進化を遂げた、特異な巨大恐竜」という表現が相応しいだろう。 などしてくださる(、/、)。 実際、彼等が生前食べていたと推測される魚の残骸((の仲間)の歯、ハイギョの鱗など)も共に化石として発掘される事例が多い。

7
以下は Allain et al. もう1つ 筋肉の土台だった説も挙げられている。

Marchan Blog: イクチオクリヌス Ichthyocrinus

胴椎から仙椎にかけて、正弦曲線状の帆をもつ(神経棘による隆起が2つの峰に分かれている)。 名前はギリシア語で「 とげ の」と言う意味で、背骨から伸びているあの長いものが由来。 成魚は、体色黒化や眼球突出が見られ、腹水が貯留して腹部膨満になります。

10
また公式サイトによれば、2015年にことで、ヌブラル島で保護されていた全ての恐竜たちは解き放たれ、事実上野生に還るに至った。

【ARK】キブルのレシピと好物の恐竜一覧

他のスピノサウルス類では神経棘が長方形をしているが、イクティオヴェナトルでは神経棘の基部よりも遠位部の方が幅が広がっており、二等辺台形の形をしている。

13
帆ではなく単につまようじが並んだような刺々しいものだった可能性もないわけではないのだ。 軍艦破壊専門に大きな戦果を挙げるが、巻末のおまけではおそらくワニとの生存競争に負けた種だろうと触れられている。

【ARK】キブルのレシピと好物の恐竜一覧

半水生であったと考えられ、後肢には水かきがあった可能性も指摘されている。

6
系統解析の結果、イクティオヴェナトルはスピノサウルス科の中で、バリオニクス亜科の基盤的なものと位置付けられた。

Marchan Blog: イクチオクリヌス Ichthyocrinus

このためか砂漠が舞台の「Scorched Earth」には登場しないが、ティラノサウルスが出現したためか地下世界が舞台の「Aberration」では逆にスピノサウルスだけ登場している。 Soupy Substrates: A Medium for the Exceptional Preservation of Ichthyosaurs of the Posidonia Shale Lower Jurassic of Germany. Martill D. ティラノサウルスだ…! 最後の胴椎は神経棘だけが保存されていた。 Jurassic Mary: Mary Anning and the Primeval Monsters. 非常に好戦的で、すぐに仕掛けてくるので注意。

11
同時期にはカルカロドントサウルスが棲息していたが、基本は食性と生息環境の違いから共存できていたと思われる。

【ARK】キブルのレシピと好物の恐竜一覧

前作『』の舞台であった、通称『サイトB』に生息していた個体が登場。

今から約9,800万年前(白亜紀)に生息していた大型の肉食恐竜。

イクチオサウルス

この帆は水中において体温を保持するためのラジエーターとして機能したと考えられていたが、後の研究で顕著な血管跡が発見されなかったことから、メインの役割ではないと考えられ、現時点は、浮力によってバランスが崩れやすい水中において舵取りのような役目を担っていたとする説、異性への求愛や威嚇に際して用いられるディスプレイだったとするものなどが有力とされる。

またスタミナが多く、長時間スピードを出す事ができる。

イクチオホヌス症

水中専用なので陸に上がると即死する。 背中の突起 名前の通り、脊椎から伸びる扇状の突起物が特徴。

12
この項目は、 に関連した です。 第1仙椎の神経棘は、後方の胴椎や他の仙椎の神経棘と比べて非常に低く、そのためイクティオヴェナトルの帆は正弦波状の形をしている。

Marchan Blog: イクチオクリヌス Ichthyocrinus

尚これらの近縁種は巨体と大きな背鰭以外は本種と多くの共通点を持っているため、大戦以降スピノサウルスの化石が幻の存在だった時期のスピノサウルス研究に大いに貢献した。 前作で名前が挙げられていた近縁種のスコミムスとバリオニクスは、今度はパークで飼育されているという設定である。

15
非常に長く発達した神経棘は、スピノサウルスと同様に椎体の上に垂直に伸びている。