高校 サッカー 昌平。 選手権躍動の“2年生10番”須藤直輝。進学かプロか、揺れる高校生の本音。

選手権躍動の“2年生10番”須藤直輝。進学かプロか、揺れる高校生の本音。

。 ドリブルで勝負しながら、周りを活用できる選手の育成に力を入れており、中学卒業後は大半の生徒が昌平高校進学を希望するという。

12
奪われたら、高い位置で取り返す。 同年の高校選手権県予選では初優勝を成し遂げたが、全国大会では初戦で敗れた。

「高校サッカーを引っ張る」責任感持つ昌平MF須藤直輝は選手権日本一、鹿島と海外で活躍する夢実現へ

入部するには 練習会・セレクション 2016年は8月に練習会が実施。 この結果は多方面から賞賛されたが、指揮官だけは異なる感情を持っていたという。

多彩なテクニックで相手の逆を突く切れ味鋭いドリブルなどで昌平の攻撃の中枢を担い、青森山田戦でも反撃ののろしをあげるゴールを奪って見せた。

昌平中学・高等学校

「自分が 大宮 ユース行かなくて高校サッカーに来たのも選手権のため。

19
県リーグも優勝したが、プリンスリーグ関東参入決定戦では に敗れてプリンスリーグ関東への昇格はならなかった。 - 元バスケットボール選手()• 昌平高校の注目選手を紹介! 昌平高校で特に活躍が期待される注目選手を 2名紹介します! それは 須藤直輝選手と、 小見洋太選手です。

[昌平]きっかけは3年前のインターハイ…進化続ける埼玉屈指の技巧派集団【高校サッカー選手権】

指導方針 どのような場面であってもボールを失わないように個人技術やグループでの局面打開を中心に指導している 監督インタビュー 準備中です。 全国大会での最高成績は、須藤らが1年生だった18年のインターハイで、全国3位。

10
ラグビー部は元監督の中村誠を総監督に、元コーチの御代田誠を監督に迎えて強化が進められ、2014年ので初の決勝進出。 キャプテンインタビュー 準備中です。

昌平が2年連続4度目V 県高校サッカー決勝:朝日新聞デジタル

コーチインタビュー 準備中です。 鹿島は今春までにいち早くオファー。 [女子]• そこでは西川潤(3年/桐光学園、セレッソ大阪入団内定)から、「『お前はプロをどう思っている?』、『サッカー選手としてどう考えているの?』と話をしてもらった」。

1
開始直後の後半2分、FW小見洋太選手(3年)が敵陣深くでクロスボールをあげると、MF平原隆暉選手(2年)がヘディングシュートを決め、先取した。 準優勝した青森山田高校に2-3の敗戦を喫したが、前線が流動的に動き、テンポよくボールを運ぶクリエイティブなサッカーはサッカーファンに大きなインパクトを与えた。

昌平高

「育てて勝つ」をテーマに、これからは全国の常連に…そして初の全国制覇に向けてとなるでしょう。 しかし2007年の4月に東和大学が生徒募集を終了し閉校するため、学校法人 学園に無償移管され、現在の昌平高校に至っている。 2009年6月18日付産経ニュース• サークル• ピッチでは涙を見せた須藤。

20
- プロサッカー選手(• J3 [12月7日 12:56]• 2012年には埼玉県の1部リーグであるS1リーグに昇格、2013年には高校総体、選手権予選共にベスト4に進出、埼玉県の強豪の仲間入りを果たした。

昌平高校【チーム紹介:埼玉県】

[ビーチサッカー日本代表]• 来年のチームにつながる試合ができたと思います」 日々の積み重ねがプレーを変えた 青森山田戦では3点ビハインドからゴールを奪った [写真]=佐藤博之 思い返せば、今年は様々な経験を積んだ。 合否を判断するものではないが、監督が良いと思った選手には声をかけるらしい。 グループで連係して攻めよう」と指示し、後半へ。

13
後半は嫌なところを突けたので、悪くなかった」(須藤) 後半は前半の反省を踏まえ、ドリブル突破で局面を打開。

サッカー部(男子)

メーカーは2016年より、ニューバランスのユニフォームを使用している。 フォーメーションは、4-2-3-1が基本で、選手権初出場時の代はツートップも採用していた。 [フットサル]• 現在は6名の教職員コーチと5名の外部コーチで充実した指導体制を構築している。

同会は同高等学校内に事務局を設置しており、教職員が本来の業務の傍ら、同窓会の業務にあたる。 1年生から10番を付け、今年はゲームキャプテンも任された。