ホンダ フリード モデューロ。 ホンダ 新型 フリード Modulo X マイナーチェンジモデル 2020年5月29日発売

ホンダ フリード モデューロX試乗レポート|シエンタには無い、しっかりした乗り心地が「さらに良い!」

充実した安全性能。

一方で、これまでのモデューロX各モデルと異なるのは、6シーターと7シーターという2つのシーティングレイアウトに対応し、1. 後席乗車の編集長いわく、「運転がうまくなったように感じる」というものでした。

ホンダ フリードModulo X最新情報|価格283万円、大人気ミニバンのカスタムモデルを徹底解説!

フロントにLED式フォグライトを採用するのも、フリードシリーズの中ではこのモデルのみとなる。 改良により大幅に質感がアップされ、使い勝手も向上しています。

この他、新型フリードでは状況にあわせ適切なエンジンブレーキをかける「ブレーキ操作ステップダウンシフト制御」をホンダのミニバンで初採用し、コーナリング中にエンジン回転数をキープしてレスポンスのよい再加速を実現するほか、急な下り坂でどんどん加速してしまうのを防止。

ホンダ フリードモデューロXの評価と燃費を徹底解説!

埼玉から御殿場2回、日光までの高速利用が多かったので参考にはなりませんが。 ちょっと見はミニバン、中味はドライバーズカーという本格派である。

14
後席をフラットに収納することで、シュラフを持ち込み車中泊にも対応できるようになっています。

【試乗記】ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)

初代のキャッチフレーズには「This is サイコーに ちょうどいい Honda! 不満な点 今のところなしだが、ホイールがもうワンサイズ大きくても良かったかも。

19
前期型フリードモデューロXの運転席まわり。

フリード モデューロ XがMC。標準車と70万円の価格差は妥当なのか?(carview!)

モーターのお陰で 7人乗りであってもパワフルかつ、低速から中速へのスムーズな加速が可能となっています。

4
新しく設定された新型フリードモデューロXは最上位スポーツモデルとなり、ガソリン車が295万200円からに設定されています。 さらに、アルミホイールのブラック部分をダークグレーに変更することで、より洗練されたデザインが追求されています。

ホンダ フリード モデューロX、マイチェンでどこが変わったの!? 新旧を画像で徹底比較してみた

ミニバンが最も苦手な横風のみならず路面の凹凸に対しても、わずかに進路を乱しがちだった。 5L直噴ガソリンエンジンと、電気モーターを組み合わせた「ハイブリッド・エンジン」です。 なお、2011年のマイナーチェンジからハイブリッド仕様のモデルがラインナップに追加されています。

二代目前期型ホンダ・フリード。

フリードハイブリッド モデューロX/ホンダ|クルマレビュー

フリードの上位互換ということで、価格の高さを心配される方もいます。 そういうクルマをつくろうと思う。 燃費: 無• エクステリアは、クロスター専用のフロントグリルや前後バンパー、LEDフォグライト、ルーフレール、アルミホイール、専用色のドアアウターハンドルやドアミラーを採用し、アウトドアシーンにも映えるクロスオーバースタイルに仕上げ。

10
新型フリードクロスターは前に最上位グレードとなっていた「EX」に代える最上級モデルとなり、3列シート(6人乗り)と2列シート(5人乗り)、ガソリンとハイブリッド、FFと4WDと、フリードの幅広いパターンから選択できる主力モデルとして設定。

Honda|Honda Access|Modulo X

同モデルには1. ライバル車との燃費の比較 他のメーカーから発売されている同じサイズの車と比較してみると、 ・トヨタ・シエンタハイブリッドモデルは燃費27. 専用サスペンション• そのどれもが「意のままに操れる操縦性」「所有感を満たし、機能につながるデザイン」「視覚、触感、乗り味にまで追求した上質感」の3要素を備える。

4
しかし、モデューロXはシエンタにない走行性や安全機能が搭載されています。 フリード+:190万円~274万8200円• 新モデルにより魅力をアップした新型フリードについて、スペックや価格などを最新情報をからご紹介します。

Modulo X|フリード|Honda公式サイト

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト). ところがシューズサイズはベースグレードと同様で、サスペンションにも目立ったローダウン化は報告されていない。 上質な本革シートにはブラックとモカがバランス良く配色され、落ち着いた雰囲気の中に遊び心を感じさせてくれます。 さらにバンパー前面左右に設定されるエアロボトムフィンが、ホイールハウス内を通る風の流れをスムーズにして内圧を低減することで、サスペンションの動きを向上させ、乗り心地をアップする。

6
アウトドア志向のユーザーに向けた新モデル「フリードクロスター」を設定。 あらためてこの前期型フリードモデューロX、そのハイブリッド車に、ホンダアクセス本社のある埼玉県新座市周辺で試乗してみると、ベース車以上に路面の凹凸に対する挙動の収まりが早く、かつ突き上げも少ない極上の乗り心地が即座に体感できる。